*

【書評】時間に支配されない人生/ジョン・キム   

公開日: 仕事, 書評 , ,


記念すべき人生初の書評。

選んだのはジョン・キム先生の「時間に支配されない人生」(幻冬舎)だ。奇しくも、今日はジョン・キム先生の誕生日。何かシンクロニシティを勝手に感じてしまう。

ジョン・キム先生とは、立花岳志さんのトークライブ「ID」のゲストでいらした際に、1度だけお会いしてお話を伺ったが、選択する言葉が非常に強く、自身に芯をお持ちの方。それでいて外見は涼やかな紳士だったので、そのアンバランスが印象に残っていいる。

早速始めよう。

写真

付箋だらけになってしまった(笑)

 

本書は

序章「時間を支配する」と7つの章「渇く」「聞く」「読む」「選ぶ」「掌る(つかさどる)」「創る」「進む」にわかれた、文章構成となっている。それぞれの章はテーマのもとに散文されているスタイルなので、まるで、ジョン・キム先生と話しているような気分にさせれれる。

人生における不安が、行動をさまたげてしまった時。手にとって、一読したい言葉が散りばめられていた。

各章から特に響いた言葉を紹介しよう

--------------

序章「時間を支配する」より

・すべてに時間を均等に配分することは、人生に対する冒瀆である。

第1章「渇く」より

・未熟さに気づくのは喜びである。

第2章「聞く」より

・よく聞くという作業は、相手に対してある種の警戒感を持たせることである。

第3章「読む」より

・行動が伴わない読書は空虚である

第4章「選ぶ」より

・昨日の自分にこだわる一貫性は無意味

第5章「掌る」より

・現実の理不尽にまみれつつ穏やかでいる

第6章「創る」より

・最初は自分の未熟さばかりと向き合わなければならないため、苦痛に感じるだろう。そこで踏みとどまることで、次第に孤独も退屈も感じなくなる。それは内面の成長の証である。

第7章「進む」より

・居心地の良さに安住してはいけない。

著者の言葉からは一貫して、いかによく生きるべきなのか、いかに(内面的)成長をするべきか、が伺えるキレのある文章が続き読んでいて身体が熱くなる。本来の書評のスタイルとはさっそくかけ離れてしまった感じがするが、力強い言葉の数々に打ちのめされつつ、どうしても紹介したくなってしまった感じだ。本自体に、この場面ではこうしなさい、あの場面ではああしなさい、といったhowtoは一切書かれていない。ゆえに、時代を越えて読まれる作品だいえる。だれもあなたを支配することはない。だれもあなたを変えることはできない。僕らは自分で自分の選択を続けることができる。

最後にひとつ、思わず声が出てしまった最高のフレーズを

「現状に満足しないことは、自分の可能性に対する最大のリスペクトである。」

この本との出会いに感謝しよう。

 

 

なかなか毎日更新は難しい。。また1日目から出直しだ!


follow us in feedly

関連記事

no image

【アフィリエイト登録への道】  ヨメレバ登録

どうも「ほぼ」毎日更新って3日ぶりのボクです。     ヨメレ

記事を読む

no image

iPhoneから閲覧した時に写真がタテヨコになるの巻

これから静岡まで運転で少し緊張気味の@fantasistakaです。   僕は

記事を読む

no image

【review】スマホ時代のタスク管理「超」入門

5月もあっという間に過ぎ去ってしまった。今月が終われば、暦の上では今年はあと半年。 とはいえ、

記事を読む

20131208-144040.jpg

【review】遺伝子の不都合な真実-全ての能力は遺伝である【書評】

  今日はJ1昇格POを観戦予定の@fantasistakaです。 京都も徳島

記事を読む

strip

【ラン】【動画】旅先ラン 今回は伊香保温泉にきておりますの巻(後半)

Youtubeのチャンネル登録で4時間つぶした@fantasistakaです。 気が付いたら、

記事を読む

no image

【review】風が強く吹いている/三浦しをん

今年に入ってから「走る」ことは僕の人生では大きな部分を占め出している。 「走る」について、もっ

記事を読む

20131004-134455.jpg

【review】【ラン】マラソン中毒者/小野裕史【トレイル】

  一昨晩のCL(チャンピオンズリーズっていうヨーロッパナンバーワンのサッカークラブ

記事を読む

no image

【課題ワーク】②ブログを進化させる

昨日から続く、課題ワーク発表リレー(個人の部)あと3つあるからブログのネタ的には安泰だな。などと思っ

記事を読む

20131213-095802.jpg

【review】社長をだせ!-実録クレームとの死闘/川田茂雄【書評】

      最近、真夜中キッチンにハマっておりまして

記事を読む

no image

【SF】②着想

昨日は勝間塾生の方がアメリカの「ギャラップ社」へ行ってきた報告会をなさっていたので参加。 &n

記事を読む

Comment

  1. ssssbb6 より:

    私は本が好きですが遅読なので”これは”と思った。「さくっと読む、。気になる所に付箋を貼る。付箋を付けた箇所をじっくり読む。この手段で1時間読んで3時間思考する。」という術を学んだ。他にもたくさんの学ぶべき哲学。例えば対話術、内面の成長を測る術。読んでいて厚かましさを感じない魅力。こういう人になりたい。(とっても無理な夢ですが)。。。書評、大変参考になりました。ありがとうございます。

    • fantasistaka より:

      ssssbb6さん
      コメントありがとうございます!ジョン・キム先生の素晴らしい言葉が沢山詰まってて、本当に面白いですよね。
      僕も彼のようになりたいです!一緒に高みを目指してみましょう!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

HELLO! MY NANE IS
fantasistaka(石川隆彦)


  • 2012年6月株式会社アドベンチャーをスタート!
    2015年4月株式会社クラックへ業務移行。

    2016年8月現在。社員数1名。
    【社長兼:ヒラ社員】
    営業方針「代打、俺。」

    【主な商品な仕事】 オリジナル看板「街バリ看板」
    雑誌編集、ライター業務、WEB生配信サポート
    2016年4月
    ➡NEW!火曜日限定戸越銀座えにお店長
    2016年6月
    ➡NEW!サンスポトクダネ!WEB管理・運営
    ▶石川隆彦を応援する


ブログ内検索はコチラから

follow us in feedly
P_20170426_103638
えにお日記50日目 ラスト営業

えにおです。火曜日の男です。火の玉ボーイです。さぁキタ!際の際まで!1

P_20170418_175611
えにお日記49日目 ラス2

えにおです。火曜日の男です。火の玉ボーイです。ラスト2回です。沢山のご

P_20170411_085410
えにお日記 48日目 ラス3

えにおす!えにおです。火曜日の男です。火の玉ボーイです。ラスト2回です

→もっと見る

  • 【アドベンチャーは立ち止まらない】
    更新チェックにはfeedlyをご利用ください!
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑