*

【review】勝間塾11月 月例会「心理学」【考え方】


 

忍者小説に最近ハマり気味の@fantasistakaです。

「む。」とか「やっ!」とか「ふうむ・・・」などと日常生活で使いたくなってます。

 

 

さあて、(しのび風w)

今回のエントリーは前々回に引き続き 中野信子先生の話。

勝間塾でのゲスト講師だったのでその月例会をエントリー  プロフおよび著書のreviewはこちら

 

20131125-125922.jpg

どん!とな

テーマは「心理学」だったのだけれども、

講師の中野信子先生は「脳科学者」 所属事務所プロフ

 

心理学と、脳科学の大きな違いとは

「反証可能性があるか、ないか」だそうです。

以下、wikiより

「反証可能性」の意味

ある仮説が反証可能性を持つとは、その仮説が何らかの実験や観測によって反証される可能性があることを意味する。例えば、「明日、太陽が東から昇る」という仮説は、「明日、太陽が東から昇らない」という観測によって反証されるかもしれない。これに対して、いかなる実験や観測によっても反証されない構造を持つ仮説を反証不可能な仮説と呼ぶ。

あるいは、「私の言っている事はすべて正しい」と宣言した人が居たとする。その人の過去の発言に矛盾する物があれば、この宣言の正しさは否定される。だが、そうした矛盾が見つからなかった(彼が常に一貫した意見を言っている)からと言ってこの宣言が正しいとの証明にはならない。政治家や政治活動をする者の発言も、自己矛盾が無い事は大前提だが、それ自体が正しさの証明になる訳ではなく、特に具体的な政策に関する発言は反証可能性を持っていなければ信憑性に薄い。

ーーーーー

はい、わかりましたね(笑

思いっきり要約すると・・・実験は誰が何回やっても一緒だよ。って感じのようですね(しすぎw

ちなみに

反証可能性が低い → 「心理学」

反証可能性が高い → 「脳科学」

となります。

プラシーボ(プレセボ)効果などは反証可能性が低いとなるわけですね。(誰にでも同じ効果にならないと)

 

で、中野先生の自己紹介の中にも入っている

「MENSA」

wikiより

メンサ(英: Mensa)は、人口上位2%の知能指数 (IQ) を有する者の交流を主たる目的とした非営利団体である。高lQ団体としては、最も長い歴史を持つ。会員数は全世界で約10万人。支部は世界40か国。イギリス・リンカンシャーにあるケイソープ(英語版)に、本部(メンサ・インターナショナル)を持つ。

の話の流れから、

遺伝子や脳科学についての講義となりました。

 

IQの高さは遺伝するのか?という話から始まり、

IQと満足度、IQと満足度と遺伝子、セロトニン、最後通牒ゲーム、エピジェネティクス、

さらには、

遺伝について、父親と母親の経験はどちらが遺伝するのか?どちらもしないのか?

セトロニンの流れから、モノアミン酸化酵素とセトロニントランスポーターについて、

さらにノルアドレナリンについて、アサーティブ

 

・・・

 

・・・

 

さて、どれだけついてこれましたか?

当然、僕もこの単語だけでは頭から煙がプスプスと出てきそう(笑

しかし、この中野先生の素晴らしいところは、脳科学として実証されたこと(ソースがあること)を日常に落とし込んで、説明してくれるところ。

 

例えばね

「知能は人生の満足度と関係ない」

「まじめで実直な人ほど不公平を感じやすく幸福感を感じにくい」

「女性の経験は遺伝する→子供を産む女性の学びが大切」

「女性のほうが男性よりよく覚えている」

「母乳をあたえたほうがIQが高くなる」

「経済力は、年収700万円を超えると成功の感覚とは関係なくなる」

※世帯収入としては1000万円

「浮気する男のほうが高収入(笑」

「学校の学びは作法」

「脳に刺激が豊富な環境におかれたマウスのほうが能力が高くなる」

「闘争→ノルアドレナリン分泌→脳はやる気になる=適切なストレスが必要→嫌いな人をストレスをくれる相手と思ってしまうと楽になる」

いや~どれもすごいな!

※ただ、これは必ずしも全ての人にあてはまるわけではないのよね。

 

そして、もっともインパクトあったのが

「遺伝子によって、全ての人はまったく別なものである」ってことね。

外見が皆違うように、脳での生成物の割合や、遺伝子まで皆違うってことへの認識。

 

この認識をもって、アサーティブ(主張的な話法)を用いること。

この考え方は素晴らしい!

しっかりトレーニングして身に付けようと思う。

トレーニングで身につくってのも凄いことだ。

あっ、アンガーマネジメントもちゃんとやります(笑

 

 

 

そしてそして、

月例会の後には、オフ会にも参加!

今回は友人も連れていった(勝間塾の月例会は友人1名を無料招待できるので)、彼とも他の塾生とも沢山の乾杯や良い話ができたので満足度高い!

 

え~、勝間塾月例会に一度行ってみようって方はご連絡ください(笑
次はこれ読みます↓ 僕もなかなかに「運のいいタイプ」なんで(笑

 

 

 

 


follow us in feedly

関連記事

bIMGP0790

【トレッキング】横尾〜涸沢ヒュッテまで【初挑戦】(実践編その2)

そばパスタに舌鼓を打ちつつ、次なる山への妄想広がる@fantasistakaです。 次はこれか

記事を読む

20130923-002318.jpg

【トレッキング】涸沢あたりまでいってきたよ(速報編)【mobile】

倍返しの最終返し!(一度も観てないので適当に)って事で、無事に下山して「松本日帰温泉湯の華銭湯瑞祥松

記事を読む

20140315-142031.jpg

【やぁ】ブログの話をしようじゃないか【ハガやぁ】

厳しい冬の寒さから脱却して、 ペン先に復活の炎が灯った@fantasistakaです。

記事を読む

20131118-172740.jpg

【イベント】【review】テキーラフェスタ2013に参加してきた【チャチャチャ】

昨日突撃した高尾山トレイルランの影響で全身筋肉痛(主に下半身)の@fantasistakaです。

記事を読む

20131008-174135.jpg

【review】suunto ambit2 購入したでござる02(ランニング編)【ガジェット】

スコット・ジュレク『EAT&RUN 〜100マイルを走る僕の旅』(NHK出版)の中で、

記事を読む

pool

【SF】④指令性

  先日の勝間塾生、stellaさんのSF講座の中で、「LOVE&CRAZY」という

記事を読む

20131124-124819.jpg

【review】世界で通用する人がいつもやっていること/中野信子 【読書】

  ゴールドジムでのワークアウトあとに家の鍵をエレベーターの隙間に落としてしまい、

記事を読む

20131231-180116.jpg

【2013】まだ間に合う!年次レビューについて考えよう!【2014】【超初心者】

  滑り込みで今年お世話になった方々にご挨拶できて満足気味な@fantasistak

記事を読む

20131227-204147.jpg

【KALDI】TimTamの食べ方(OG)【日本男児甘党】【【review】【甘さ半端ないっ!】

    「くりすます」なる外敵が過ぎさって 純日本製のごっつい

記事を読む

IMG_4757

トレランショップ Run boys ! Run girls !  初日に行ってきた

二日遅れの投稿になるけど、 かつて贔屓にしていたフットサル場を経営なさっていた桑原さんが、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

HELLO! MY NANE IS
fantasistaka(石川隆彦)


  • 2012年6月株式会社アドベンチャーをスタート!
    2015年4月株式会社クラックへ業務移行。

    2016年8月現在。社員数1名。
    【社長兼:ヒラ社員】
    営業方針「代打、俺。」

    【主な商品な仕事】 オリジナル看板「街バリ看板」
    雑誌編集、ライター業務、WEB生配信サポート
    2016年4月
    ➡NEW!火曜日限定戸越銀座えにお店長
    2016年6月
    ➡NEW!サンスポトクダネ!WEB管理・運営
    ▶石川隆彦を応援する


ブログ内検索はコチラから

follow us in feedly
P_20170603_101101
浅草にちょっ蔵◎日本酒文化専門店 窖(あなぐら)がオープンしたぞ!

僕が愛してやまない。茨城県笠間にある「磯蔵酒造」さん.FUJIROCK

P_20170524_200743
えにしがリニューアアアアアアアアアアアルするぞぉおおおおおおおおお(したぞ!)

元えにおです!えにしがリニューアルしましたよ!5月24日(水)からグラ

P_20170426_103638
えにお日記50日目 ラスト営業

えにおです。火曜日の男です。火の玉ボーイです。さぁキタ!際の際まで!1

→もっと見る

  • 【アドベンチャーは立ち止まらない】
    更新チェックにはfeedlyをご利用ください!
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑