*

【KALDI】TimTamの食べ方(OG)【日本男児甘党】【【review】【甘さ半端ないっ!】


 

 

「くりすます」なる外敵が過ぎさって

純日本製のごっつい兄ちゃん(外見的な意味で)の僕が

甘味を買い漁っても後ろ指をさされない時期がきたなと!

餅は「砂糖醤油orきな粉or餡子」の3トップが基本の@fantasistakaです。

 

さて、

「くりすます」おわり~1月末までが「日本男児甘冬(あまとう)季節」の始まりですね!

※2月は「ばれんたいん」なる外来の祭が攻めてきまして、肩身が狭い思いをしますので!

※詰めが甘いのは仕様です。ええ。

 

さて、

日本甘党男児(しつこい)たるもの、

常に外来種(外国産のお菓子)の入国(発売)には

気を張り巡らせるもの、嗜みの一つでございます。

近年では「かるでぃい」なる上質の外来種を仲買する輩(ショップ)もおり、

「所詮、甘いのワビサビを知らん野蛮人どもが!」

などと、狭い視野で世の何たるかを語る時代ではございませんので、

いそいそと今日も行ってまいりましたので「れびゅー」させて頂きますれば、

ご一読いただきたく存じます。

 

 

TimTamとはなんぞや?

さて、

ということでタイトルにバッチリ戻りましょう!あ~書き込みしやすいは普通のしゃべり(笑

 

20131227-204138.jpg

 

どん!

こいつが「TimTam」ね。

このタイプだと、全部で11個入り。ベストイレブンってな感じのボリュームですな。

原産国はオーストラリア。価格は298JPY@KALDI

1枚あたりのカロリー・・・なんぞ知るか!甘党男児たるものカロリーは見ないのが作法でござろう!

って事で、詳しくはwikiさんに

----引用ここから

ティムタムTim Tam)は、オーストラリアのアーノッツ社(Arnott’s Biscuits Holdings)が

1963年から製造・販売しているチョコレートビスケットの菓子である。

(中略)

ビスケットにさまざまなフレーバーのクリームを挟み、

全体をチョコレートでコーティングしたもの。

その商品名は、

創業者の1人であるロス・アーノットが1958年に米国でケンタッキーダービーを観戦した際

優勝したサラブレッド競走馬「ティムタム」(23勝し殿堂入りした)から名付けられた。

オーストラリアのスーパーマーケットや土産物店で容易に入手でき、

オーストラリア土産としても人気定番商品のひとつである。

ーーーー引用ここまで。

はい!

とうことで、オーストラリア代表みたいな菓子ってことだな。

しかし、同じ「Tim」なら、なぜ「ティム・ケーヒル」にしなかったのか!

ティム・ケーヒル(wikiリンクへ)

まぁ日本の売上は落ち込むだろうけどな!

※注 ティム・ケーヒルは2006年W杯本戦、対日本戦で2得点した選手。

 

アーノッツ ティムタム コレクション TimTam 4Flavors
by カエレバ

 

 

オージー流TimTam作法

外来種のアビリティが判明したところで、

次は、その作法(食べ方)ね。

やはり、その国を代表する甘いものには、それなりこだわり作法があるわけですよ。

状態変化系「雪見大福は1分こたつの中にいれろ」(家族の蹴りと、猫のルパンに注意)

手順確定系「ポッキーは左右から恋人同士で食べろ」(酔った勢いでの、同性同士での罰ゲームに注意)

相乗効果系「餅には砂糖醤油、繰り返す!餅には砂糖醤油!」(繰り返す、餅にry

ってな感じが基本形トリックだよね。ええ。

 

で、

この「TimTam」は3stepなわけでありますね。

 

①ホットミルクを用意

 

20131227-204147.jpg

まず、皆様に言いたいのは、これは冬にこそ効果のあるトリックであるということ。

そして、相乗効果系のトリックですね。完全に。

カップに9割以上入れたのホットミルクを用意してください。

 

そして、できればティム・ケーヒルに敬意を示すために、サッカーボール柄がベストですね。

 

②冷やしたTimTamの左右をかじる

 

20131227-204602.jpg

画像だとわかりにくいのですが、

「冷やした」TimTamを用意すること。

冷えてなくてもできるのですが、冷えていたほうがトリックの精度があがります!

そして、図のように左右をかじると(きたないなw

 

③TimTamを咥えて・・・

20131227-204207.jpg

ここからは、見るに堪えないというか・・・

 

DanTimTam

 

どん!(そして誰!

はい、もう完全に白い粉っぽい食べ方ね!

ストローの要領で口から(間違っても鼻からじゃないぜ!)

これねー

・・・

・・・

美味いっす!(笑

ちょっと中毒性のある甘さですね。鼻に刺さるぐらい甘いっす。

しかもチョコが溶けてくるので、スリルありますね。いそいで食べるのでパンチあがります。

スリルと中毒性・・・いやお菓子の話ね(笑

 

どうやらミルクではなくてコーヒーとか紅茶とかでもいいらしいのですが、

 

his_coloum

輸入業者のオフィシャルより

僕としてはミルクが一番かなと。(紅茶は試してませんが・・・)

 

まとめ

 

って感じで、外来種の一つ「TimTam」をご紹介しました!

作法までトレースして食べると面白いよねー

好評だったらこれシリーズにします。

いや、好評じゃなくてもやるな多分(笑

 

近所の「KALDI」に怪しい外来種が沢山生息してる感じなので、

まったりと更新します。

 

I’LL SHOW YOU!!(訳:愛’してる 醤油!

 

 


follow us in feedly

関連記事

IMG_8997

えにお日記4日目

えにおです。えにおの「お」は男です。火曜日の男です。   えにお日記4

記事を読む

IMG_3276

えにお日記39日目 

えにおです。火曜日の男です。火の玉ボーイです。サンキューで~す!えにお39日目営業です。楽にね!責任

記事を読む

no image

【課題ワーク】①ゴルフ

昨日の勝間塾月例会。テーマは勉強法。 講義の最後に【課題ワーク】が出た。お題は「今年の勉強ポイ

記事を読む

Screenshot_20180107-144631

ラディコでコレだけは聴いとけ2018(東京)

 みんな〜やってるか〜?ってリスペクト世界の北野ではなくて。スマラ!「えぇ、私もやってます

記事を読む

img1446547189474

【蕎麦超人】浅草橋 蕎麦処 かくや【鶏まココから!】009玉目

俺はまだここで立ってるぞ! 【立ち食い蕎麦パトロール】 日夜、立ち食い蕎麦は進化し続けている

記事を読む

no image

独立とライフログ

  なんとか無事にスタートしたWordPressでのブログ更新。 2回目のエン

記事を読む

no image

【review】スマホ時代のタスク管理「超」入門

5月もあっという間に過ぎ去ってしまった。今月が終われば、暦の上では今年はあと半年。 とはいえ、

記事を読む

ishidan01

【ラン】旅先ラン 今回は伊香保温泉にきておりますの巻(前半)

本田選手のミラン移籍が夏マーケットで実現しなかったことに落胆気味の@fantasistakaです。

記事を読む

IMG_9455

【池袋】自家製ルーが決め手!? カレーの家【咖喱超人】001スプーン目

(*゚▽゚*)<今日もおつかれー(咖 ゚Д゚)<乙カレーカレーである いつだって奴は弱った僕らの味方

記事を読む

17408033

【review】罠【グルメ】【待て、それは孔明の】【鹿】【not鹿島】

  深夜に放送中のカーリングオリンピック予選を観ながら、 iphoneアプリで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


HELLO! MY NANE IS
fantasistaka(石川隆彦)


  • 2012年6月株式会社アドベンチャーをスタート!
    2015年4月株式会社クラックへ業務移行。

    2016年8月現在。社員数1名。
    【社長兼:ヒラ社員】
    営業方針「代打、俺。」

    【主な商品な仕事】 オリジナル看板「街バリ看板」
    雑誌編集、ライター業務、WEB生配信サポート
    2016年4月
    ➡NEW!火曜日限定戸越銀座えにお店長
    2016年6月
    ➡NEW!サンスポトクダネ!WEB管理・運営
    ▶石川隆彦を応援する


ブログ内検索はコチラから

follow us in feedly
Screenshot_20180115-095734
アド立ち進化論05 facebookにページを作成

 立ち止まったら死んだ魚よ。酒の肴にしておくんなねぇ。&nb

20180113_115753598
【ゲソの極】六文蕎麦/荏原駅 ゲソ天蕎麦 蕎麦超人027玉目

  【立ち食い蕎麦パトロール】 日夜、立ち食い蕎麦は進化

P_20180109_154533
立川駅構内 奥多摩そば 蕎麦超人026玉目

  ワクテカウキウォッ!蕎麦超人でござる。&nbs

→もっと見る

  • 【アドベンチャーは立ち止まらない】
    更新チェックにはfeedlyをご利用ください!
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑