*

【初心者】アイロンビースをキーホルダーに!【裏ピン】

公開日: 最終更新日:2015/07/13 アイロンビーズ, カエレバ, ライフハック, 製品レビュー , , ,


図案を起こしたり、ビーズを並べたりと。 アイロンビーズライフを楽しんでいる@fantasistakaです。

2014-09-13 14.23.21-1
 

前回のエントリーはこちら

ロッドマンと空目が多数生まれた名タイトル!
アイロンビーズにハマり何作か作ってみたら
「せっかくなら身につけたいなぁ。」って欲求がうまれてきました。
キーホルダーにすべく、ビーズアクセサリーパーツの店を訪問。
「キーホルダーパターン」と「裏ピン(安全ピン)」の2つの制作工程も合わせてエントリーします。

20140201-212700.jpg
結構作ってるんすよねー   

 

 

 


アクセサリーカスタム用のパーツはどこで買うのか?

僕のイメージとしては

「銀の球体みたいなチェーンをビーズの穴に通してキーホルダー」
「安全ピンを裏面にとりつけて名札」

2パターンがあったのだけども・・・

 アイロンビーズが置いてある「ヨドバシカメラ」の文具コーナーには取り扱いが無く、
「東急ハンズ」とかでもどうやらあまり種類がないようで、途方にくれていると
「浅草橋の問屋街にビーズのパーツ屋がある」との情報を頂き、さっそく行ってきました

 

 貴和製作所:STORE INFORMATION

 

世界の貴和!
川崎や原宿にも店舗があります。 オンラインやってて、便利ですね~     と

 

  (株)吉田商事・アクセサリーパーツ・OEM企画制作
OEMも対応の吉田商。こちらもオンラインショップあり。
以上の2店舗。

 で、 覚悟はしておりましたが・・・ 見事に店内は女性のお客様だけでしたね。
(# ゚Д゚)「なんのつもりだと?」
(# ゚Д゚)「そのガタイで何のようだと?」
(*゚▽゚*)「これはダイヤじゃなくてスワロフスキーですよお客様?」  

スタッフ&お客さんの視線(勝手な妄想です。ええ)

をぐぐり抜けて、 お目当てのパーツを仕入れてまいりました。
いや~いいっすわ!メチャメチャ楽しいっすわ
あとスタッフの皆さんが詳しいのね。何かと。
あまりに初心者すぎて、パーツの呼び名もわからないものだから色々ご教授いただてきましたよと。 20140201-212840.jpg 
初めてのパーツ購入なので控えめにこのくらい確保してまいりました。
次は、その制作工程(独学)をご紹介    

キーホルダーパターン制作工程

まずは キーホルダーパターン つかうパーツはこちらの2つ
20140201-212653.jpg 
BCってのはボールチェーンのことね。
それとコネクタを同サイズ(今回は2.3mm)で用意。
こちらのボールチェーンはハサミで簡単に切れるので(逆にいえば、その程度の耐久性) それをコネクタにつなげば輪っかは完成。 20140201-212647.jpg
こんな感じ。   あとは、アイロンビーズのアイロン部分に通せばOK。
ただ、溶かしてるので、2.3mmだと通りずらいので、その場合はドライバーセットのキリor爪楊枝あたりで拡張すればOK。 20140201-212640.jpg  
こんな感じで完成。
|゚Д゚)))<溶けすぎてるのは内緒な! これは簡単ですねー。
アイロンビーズ自体は20×20で15gぐらいなので、よっぽど手荒に扱わなければ切れる心配もなさそう。  

裏ピンパターン制作工程

2つめ。 今度は裏ピン(安全ピン)を裏に貼り付ける手法。
もともとはこっちをやってみたかったのだけど、安全ピン単体だと付けれなく困ってた次第。
20140201-212629.jpg
用意したのはコレ。「裏ピン」というカテゴリーに入る「回転ピン」
※回転の必要はなかったんだけどね で、よく見て欲しいのが通常の安全ピンと違って、片面が平らになってるわけ。  
20140201-212610.jpg
わかるかな? これによってアイロンビーズや、アクセサリのトップなんかが取り付けれるわけよ!
で取り付けに使った接着剤がこちら  

by カエレバ

 

スタッフさんに相談して、 プラスチックと金具を接着する場合にはこれが良さそうだったのでチョイス。
固着まで5分。実用硬度まで1時間。完全硬化まで24時間。
固まるのが早くて、1液タイプ(2液タイプのほうが強力)で相性が良さそうなものってことらしい。
20140201-212603.jpg
こんな感じで裏面につけて完成。  

まとめ

今回は2つのやり方にトライしたけれども パーツ次第で面白いものも作れそうかなと。

注意点を2つほど

①アイロンを強めにしておかないと分解するおそれがある。

  解決策としては、 「裏面を強めにアイロン当てる」ってのが良さそう。
※オモテ面だとドット絵の良さが損なわれるため(さきほどの紋章のように)  

②チェーンやピンの接着強度には限界がある。

キーホルダーやバッチになるものの、強度がそれほど強くないので、
運動するさいなどに着けると厳しいですね。髪飾りや普通にバッグにつけるくらいなら問題ないです。

アイロンビーズでキーホルダーをつくろうかなって方は参考にしてね
それにしてもこのamazonのビジュアル・・・おおよそ強面の兄ちゃんが遊ぶもんじゃねーな(笑

by カエレバ

 

(# ゚Д゚)<すっごい楽しいんですけどー!!!!  


follow us in feedly

関連記事

no image

【勉強法】【英語】 audible.com (走ること)

「走る」社会人になってから、今年はもっともハイペースで走っている。(とはいっても、月間60km程度)

記事を読む

IMG_3340

suunto ambit2 HR 心拍ベルトが反応しなかった(解決編

僕のランニング生活には欠かせない相棒のSUUNTO ambit2一度、脱走(紛失)したことにより今回

記事を読む

img1440329026701

【土産超人】チップスター 伊勢えび味【粉を啜れ】002土産目

若者は 志高く、山と谷のみならず 海を越え 万物に学び 万里を歩き、己を土産に持ち帰れ ※リスペ

記事を読む

IMG_8309

【一眼レフユーザー】peak design Capture PRO clip v2【ガチャっと】【登山】【バイク】

約50日ぶりの更新でwordpressの扱い方もうろ覚えの@fantasistakaです。 &

記事を読む

joushitu

勝間塾2013夏期合宿「選択理論」「SF」(実践編)1日目ワークショップ

勝間塾長からリツイートをされて引き続きアクセスが半端ないので、 背筋が伸びておる@fantas

記事を読む

cropped-IMG_5141_03.jpg

2016年「アドたち」で最もアクセスが多かった記事TOP4

おっす!「えにお」こと、ブロガーFantasistakaです。 前回にひきづづき、2016

記事を読む

IMG_6235

STARWARS好きはUNIQLOへは行ってはいけない【2015年・冬】

行ってはいけない。 行ってはいけない。 世の中が、断捨離だのスマートライフだのもてはやしているの

記事を読む

20131213-095802.jpg

【review】社長をだせ!-実録クレームとの死闘/川田茂雄【書評】

      最近、真夜中キッチンにハマっておりまして

記事を読む

20131124-124819.jpg

【review】世界で通用する人がいつもやっていること/中野信子 【読書】

  ゴールドジムでのワークアウトあとに家の鍵をエレベーターの隙間に落としてしまい、

記事を読む

no image

【購入not review】 i コロコロ(KINGJIM)

タイトルがいまいち、プラグインのメニューとマッチしてないために、いっつも改行されてしまってる@fan

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


ブログ内検索はコチラから

follow us in feedly

  • 2012年6月株式会社アドベンチャーをスタート!
    2015年4月株式会社クラックへ業務移行。

    2016年8月現在。社員数1名。
    【社長兼:ヒラ社員】
    営業方針「代打、俺。」

    【主な商品な仕事】 オリジナル看板「街バリ看板」
    雑誌編集、ライター業務、WEB生配信サポート
    2016年4月
    ➡NEW!火曜日限定戸越銀座えにお店長
    2016年6月
    ➡NEW!サンスポトクダネ!WEB管理・運営
    ▶石川隆彦を応援する

cropped-IMG_5141_03.jpg
2016年「アドたち」で最もアクセスが多かった記事TOP4

おっす!「えにお」こと、ブロガーFantasistakaです。&nbs

cropped-IMG_5141_03.jpg
2016年「アドたち」で最もアクセスが多かった記事TOP10~5

 おっす!「えにお」こと、ブロガーFantasistakaで

img_2923
【書評】クラウドワーキングで稼ぐ!/吉田浩一郎 

 吉田浩一郎(2015)『クラウドワーキングで稼ぐ!ー時間と

→もっと見る

  • 【アドベンチャーは立ち止まらない】
    更新チェックにはfeedlyをご利用ください!
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑