*

【映画】ガーディアンズ オブ ギャラクシーは歴史的大作!!!【超人】


蕎麦超人からガーディアンオブ映画館(映画館の番人)に変身して

バルト9に出撃してきた@fantasistakaです。

歌丸師匠が大絶賛していた

『ガーディアンズオブギャラクシー』をついに「2D字幕」にて観覧してまいりました!

 

実は映画ウォッチ超人が周りに少なめの僕としては情報がなかなか滞っていたのですが、

「新時代のスターウォーズ」
「クドカンが創ったスターウォーズ」

などの批評を目にしてしまっては、
スターウォーズ好き
アメコミ好き(特にフィギア)の
@fantasitakaとしてはこれは外せない。

スターウォーズでリアルタイムではなかったがために受けてきた数々の屈辱!
これを覆すのはこの作品しかない!

では
早速感想にいきましょう!

GOGのココが凄かった_その1

 

70年代ロック&ソウル音楽と最新SF映像の融合。

まず、これに触れないわけにはいかないでしょう!
冒頭の幼少期のピーター・クイル(主人公)が病院の待合室でいる時に、

初代ウォークマンからから流れる

「10cc/I’m Not in Love」


そう、スペースオペラでありながら、ヒューマンドラマでもある。という宣言ともとれるこの選曲とカット。

その後も、随所に散りばめらりている70年代〜80年代の古き良きロック&ソウル!
呼応するように展開される各キャラクターの人間性や

ミスマッチとも思える(いやコレがかなりはまるのどけど)最新CGによる映像。

さらにさらに、実はこの曲たちが持つ、もう一つの意味!

(ネタバレ要素ありのため割愛、観た人このネタで一杯呑みましょう!)

わざわざ字幕に歌詞を映し出している時点で間違いなく確信犯な戦略なわけですよ。

これぞスペースオペラの新しい形!
往年の名曲を引き合いに出すことで生まれる数々の効果。

それを最高のバランスで仕上げております。ええ。サントラ買うなコレ。

 

 

 

 

 

GOGのココが凄かった_その2

 

絶妙なハズシによるentertainment と人間性の確立。

 

「クドカンが創ったスターウォーズ」
という批評が出てくるのもこの辺があるのかなと。

近年のアメコミ、日本産、ヨーロッパ(ハリポタ)などのヒーロー系映画において

間違いなくメインストリームとなっているのが、

「シリアスな内容と絶対的な正義」という展開。

対するGOGは、

随所にハズシを用意してシリアスにもコミカルにも楽しめる「絶妙なバランス感」で展開するわけです。

メンバーそれぞれの人間性の落とし込みしかり、
全体のストーリー展開しかり、
もう全盛期の少年ジャンプよろしく、

「笑いと感動と勇気をくれる作品」なわけです。

ザッツ エンターテインメント!!!

これぞ映画の本質!(僕の場合)

映画になにをもとめるかは、人それぞれ。
されど、極上のentertainment を求めるなら是非チェックすべし!

GuardiansoftheGalaxy

ポスターは結構シリアス系だけどね(笑

 

 

GOGのココが凄かった_その3

 

ワクワクが止まらない!センスとデザイン!

 

スペースオペラ、未来系ストーリーに絶対にかかすことのできない要素といえばコレでしょう。

もちろんGOGもバッチリおさえております。

他の要素が素晴らしい(革新的である)ために紹介が遅くなりましたが、

バッチリ、バッチリ&バッチリです。ええ。

実際に作品を観てももらわないと伝わらない部分も多いでしょうから、

僕が「うぉ!」と叫んでしまった箇所を、

一部、あくまでも一部紹介しましょう!

なるべくネタバレ無しで!

 

・スペースシップのカラーリングがヤバい※特にミラノ号とノバ軍の機体

・刑務所からの脱出作戦の最後のトリックがヤバい

・グルート(観葉植物)とロケット(アライグマ)の動きがかなり生き生きしている

そしてそして、

・冒頭の伏線を拾う、最後の決戦のシーン!!!

あ〜このラストを語りあいたい!
ネタバレなのでココでは控えます!

 

日本語版予告のver.3がワクワクすぎるので置いておきます。

デザインのすばらしさはチェックできるかと。

 

 

ということで、
僕が初めてガーディアンズオブギャラクシーを観た感動のままに、

衝撃を受けたことをまとめてみました!

是非、劇場でチェックしてみてください!

 

 


follow us in feedly

関連記事

20131207-150649.jpg

【Kindle】漫画はひとまず電子書籍でいいじゃないかという挑戦【増えるの早すぎ】

  「努力した者が全て報われるとは限らん。しかし、成功した者はすべからく努力しておる

記事を読む

no image

【review】マウントフジヤマ メロンパン

はい。わかってます。 お堅いエントリーが続いてるなと。お前はそんな奴じゃないだろうと(笑)

記事を読む

hebi(low)

【トレラン】【review】 芦ノ湖畔と外輪山稜線(実戦編)

忘れないうちに更新したほうが良さそうだな(笑) ってことで、昨日の興奮と疲れがまだとれてないう

記事を読む

20131103-065718.jpg

【速報】【キャンプ】道志の森キャンプ場【テントの中から】

日本シリーズの結果に驚愕の@fantasistakaです。ここで田中投手が負けるとはドラマがあります

記事を読む

no image

【ゴルフ】Jゴルフ鶴ヶ島

今年の課題として掲げたゴルフスコア100斬り計画。こちらは着々と進行中。 今回は4月分というこ

記事を読む

20131231-180116.jpg

【2013】まだ間に合う!年次レビューについて考えよう!【2014】【超初心者】

  滑り込みで今年お世話になった方々にご挨拶できて満足気味な@fantasistak

記事を読む

20140123-130921.jpg

【補給】ランボー大学 栄養学科1講義目01【トレイルランニング】

  寒い時期はもっぱらインドア派のアドベンチャーこと@fantasistakaです。

記事を読む

20131201-171122.jpg

【グルメ】大崎FOOTNIK【サッカー観戦】【review】

    全国でマラソン日和の本日12月1日。 南は那覇から近い

記事を読む

SnapCrab_NoName_2013-12-3_3-47-13_No-00

【ラン】板橋マラソン【予告】【フルマラソンだぜ】

  うす。 最近、「@」をつければfacebookでの返信でその人の名前が出て

記事を読む

photo

【事前】ラーメンショー2013【縁も参加】

久々にプレーした個人フットサルで3時間もぶっ飛ばしたら朝起きれないくらい筋肉痛の@fantasist

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

HELLO! MY NANE IS
fantasistaka(石川隆彦)


  • 2012年6月株式会社アドベンチャーをスタート!
    2015年4月株式会社クラックへ業務移行。

    2016年8月現在。社員数1名。
    【社長兼:ヒラ社員】
    営業方針「代打、俺。」

    【主な商品な仕事】 オリジナル看板「街バリ看板」
    雑誌編集、ライター業務、WEB生配信サポート
    2016年4月
    ➡NEW!火曜日限定戸越銀座えにお店長
    2016年6月
    ➡NEW!サンスポトクダネ!WEB管理・運営
    ▶石川隆彦を応援する


ブログ内検索はコチラから

follow us in feedly
IMG_3202
えにお日記41日42日43日 Bバ謝

  ボーントゥビーバーニング! えにおです。 火曜日の

P_20170211_232636
ツール・ド・ドラゴンボール 第3話

つかもうぜ! DRAGON BALL せかいでいっとー スリルなひ

P_20170217_194456
角打 加藤酒店/五反田 缶ビ&缶妻

  やぁ僕の大切な親友よ。  

→もっと見る

  • 【アドベンチャーは立ち止まらない】
    更新チェックにはfeedlyをご利用ください!
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑