*

【書評】シンプルに考える / 森川亮著【LINE】

公開日: kindle, 書評, 森川亮, 購入ログ , ,


PC版のLINEをインストールして捗っている@fantasistakaです。

 

2014-09-13 14.23.21-1  

Feedly登録で当ブログチェックも捗りますよ。

 

follow us in feedly

 

今回は、2015年4月にLINE㈱CEOを退任した森川亮さんの著書です。

IMG_4442

 

 

早速いってみましょう!

 

 

 

イントロダクション

森川亮 (会社経営者)
森川 亮(もりかわ あきら、1967年1月13日 – )は、日本の実業家。LINE(旧:NHN Japan)元代表取締役社長。
C Channel株式会社代表取締役社長。神奈川県出身。

1989年4月 – 日本テレビ放送網入社
1999年3月 – 青山学院大学大学院国際政治経済学科修士課程(MBA)修了
2000年2月 – ソニー入社
2003年5月 – ハンゲームジャパン(→NHN Japan→LINE)入社
2003年8月 – ハンゲーム事業部事業部長
2004年9月 – 取締役
2006年10月 – 取締役副社長
2007年10月 – 代表取締役社長
2015年3月 – 代表取締役社長を退任
2015年4月 – C Channel株式会社代表取締役社長

wikipediaより

 

はい。森川さんですね。
今や携帯番号よりも交換するアプリケーション「LINE」の事業統括から最終的には代表取締役までなった方です。

本の構成

6つの章と、40の節で構成。199頁。
節は通し番号になっているのでわかりやすいですね。
節ごとに副題が入っており節のタイトルを補完してます。

頁もそれほど多くないのでサッと読みきれます。

章のタイトルがどれもインパクトがありますね。

 第1章 ビジネスは「戦い」ではない

 

 第2章 自分の「感性」で生きる

 

 第3章 「成功」は捨て続ける

 

 第4章 「偉い人」はいらない

 

 第5章 余計なことは全部やめる

 

 第6章 イノベーションは目指さない

 

となっております。
いわゆる常識から少しずらしたような視点をタイトルに入れてます。

具体的な手法を紹介するよりも、LINEでの経験則に基づいた意見、
事例などが多いかなといった印象です。
すべての組織に当てはまるとは思いませんが、
事実このやり方でLINEは急成長を遂げておるので、学びは多いです。

 

僕のハイライト

全てを承認するわけではないけれど、
印象深っかったハイライトを拾ってみます。

第2章 自分の「感性」で生きる 8節「お金」や「名誉」を求めない

「お金」や「名誉」を手に入れると、それを守ろうとしてしまうからです。

その結果、新しいチャレンジができなくなり、自分の成長を止めてしまう。

 

第2章9節 仕事はしんどくて当たり前 より

人は誰でも、誰かに認められたいと願っている。

だから、仕事を通じて世の中の人々に喜んでもらった時に、自分の存在価値を認められたと感じる。

そらが「幸せ」なのです。そして、その「幸せ」のためならば、身を削る努力ができる。

それが、プロフェッショナルだと思うのです。

 

第2章 12節 〝専門家”にならない

「そもそも、これは何なのか?」。ややもすれば、〝専門家”がバカにしがちな素朴な問いかけですが、この問いかけこおそが、僕をものごとの本質に立ち返らせてくれるのです。

 

第4章「偉い人」はいらない 24節 「統制」はいらない

現場がフルスピードで入っている___。

そのときに、リーダーに求められることは何か?

的確かつスピーディな意思決定です。

 

LINEのもつ、特性を理解した上で森川さんの言葉を読み解けば理解も高まりますね。

「ユーザー目線」「アプリ開発のスピード感」「完全実力主義」 この辺ですかね。

経営者目線ではシビアな面も見せてます。
実力のない人は会社から退席すべき、プロはモチベーションがあって当たり前など。
革命的なアプリを開発した会社のスタイルだけに理想論と簡単にスルーはできませんね。

 

こんな人にオススメかも

  • 組織を組み上げていく人
  • 組織で働く人
  • 組織を改革していく気概をもつ人
  • 組織で活躍したい人

個よりも全体に視点を多くとってます。
読んで視点の違いを感じてもらうとよろしいかと。

シンプルに読んでみればー!

 

 

 

 


follow us in feedly

関連記事

【書評】サラリーマンだけが知らない好きなことだけして食っていくための29の方法【久々】

    2014年の半分が終わり、大きなものを失った気分になったのは

記事を読む

【review】社長をだせ!-実録クレームとの死闘/川田茂雄【書評】

      最近、真夜中キッチンにハマっておりまして

記事を読む

【再review】人生は見切り発車でうまくいく/奥田浩美【書評】(前半)

レビューの再構築に励む@fantasistakaです。 Follow @fantasistak

記事を読む

【書評】のび太でも売れます。/酒井晃士 著【実はドラえもん】

ドラえもんなら俄然 「ドラえんもん のび太と竜の騎士」派「ドラえもんは大山のぶ代さん」派のfanta

記事を読む

【review】世界で通用する人がいつもやっていること/中野信子 【読書】

  ゴールドジムでのワークアウトあとに家の鍵をエレベーターの隙間に落としてしまい、

記事を読む

【review】【ラン】マラソン中毒者/小野裕史【トレイル】

  一昨晩のCL(チャンピオンズリーズっていうヨーロッパナンバーワンのサッカークラブ

記事を読む

【review】ほぼ日手帳2014【まだ使ってないけどね】

ほぼ毎日更新しようと思ってるセミプロブロガーこと@fantasistakaです。 (ギリギリじ

記事を読む

【review】人生が変わる勉強法【雑誌】PRESIDENT2013.8.12号(7月22日発行)

夜のうな勝ランニング部に向けて昼ごはんを炭水化物多めにしてエセカーボローディングしてみた@fanta

記事を読む

【考え方】自炊する①~まずはその利点から【kindle】【超初心者】

  「始まったな」「いつも夜中過ぎ」「煮込みもあるよ、ただし鍋」 ってことで、

記事を読む

【Kindle】漫画はひとまず電子書籍でいいじゃないかという挑戦【増えるの早すぎ】

  「努力した者が全て報われるとは限らん。しかし、成功した者はすべからく努力しておる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

HELLO! MY NANE IS
fantasistaka


  • 都内在住。
    UberEatsのドライバーにハマってます
    フットサル。フットボール。
    フリースタイルフットボール
    立ち食い蕎麦、せんべろ、好きです。

    2018年6月現在。
    株式取得し、グループ会社設立。
    エンタテインメント系の広告を主とした会社で
    経営陣かつプレイヤーとして日夜奮闘。
    ブログで広がる世界に興味があり実行中
    Wordpress勉強中です。
    ▶fantasistakaを応援する

ブログ内検索はコチラから

follow us in feedly
平成も終わるし話題のUberEatsDriverに登録してみた14

      今回は準備編!

カップ麺調査団05 話題のセブンイレブン限定 中本 蒙古タンメン

マツコの知らない世界? でも話題になり、 一時期生産が間に合わなく

【新店】中華ソバ ちゃるめ@糀谷で特製中華ソバ 醤油を頂いてきたぞ!

  先日オープン日 2月7日に駆けつけようとするも

→もっと見る

  • 【アドベンチャーは立ち止まらない】
    更新チェックにはfeedlyをご利用ください!
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑