*

【review】風が強く吹いている/三浦しをん


今年に入ってから「走る」ことは僕の人生では大きな部分を占め出している。

「走る」について、もっと貪欲かつエンジョイしてる方とも沢山出会うことができた。

「走る」ことで、僕の視野はどんどん広がっている。

 

ただ「走る」について全くリンクしない方、「走る」がすこしハードルが高い方と人それぞれだろうし、「走る」を通して出会った方を除くと、僕の周りでも、「走る」は非日常なものとして考えられている。

そんな「走る」が遠く、高い、皆に言われるセリフ

「なぜ、君は走っているの?」

tamagawa

(写真は昨日の多摩川ラン)

 

この答は人それぞれだろうし、それが納得のいくものになる可能性は低いだろうと思う。

僕は毎回この質問に対する答えにジレンマを感じていた。

そんなモヤモヤしたものは、毎日「走る」自分の中でもリフレインしていた。

答には遠いかもしれないけど、素晴らしい文章をもった作品をご紹介いただいたので、シェアしたい。

 

風が強くふいている/三浦しをん著(新潮文庫)

簡単なあらすじを・・・

 

大学4年生、寮長兼監督兼マネージャー兼選手の清瀬 と 大学1年生エリートランナーだった走(かける)を中心に陸上経験のほとどない、同じボロアパートに住む個性豊かな大学生10人が春から箱根駅伝をはしることを目指す物語(簡単すぎる笑)

この作品の素晴らしい1ページをどうしても紹介したい。

P206の最終行からP207の最後までだ。 改行まで完全に引用する。(たぶんブログの改行と連動しないので読みづらいだろうけど・・・)

---------------------------------

「走」

と呼んだ。走は正座をしたまま、枕に頭を載せてる清瀬に少し近づいた。

「長距離選手に対する。一番の褒め言葉がなにかわかるか?」

「速い、ですか?」

「いいや。『強い』だよ」

と清瀬は言った。「速さだけでは、長い距離を戦いぬくことはできない。天候、コー

ス、レース展開、体調、自分の精神状態。そういういろんな要求を、冷静に分析し、苦

しい局面でも粘って体をまえに運びつづける。長距離選手に必要なのは、本当の意味で

の強さだ。俺たちは、『強い』と称されることを誉れにして、毎日走るんだ」

走も、ほかの住人たちも、清瀬が語ることにじっと耳を傾けた。

「この三ヵ月、きみの走りを見て、俺はますます確信した」

と清瀬はつづけた。「きみには才能と適性がある。だからね、走。もっと自分を信じ

ろ。あせらなくていい。強くなるには時間がかかる。終わりはないと言ってもいい。老

人になってもジョギングやマラソンをする人がいるように、長距離は一生をかけて取

り組むに値する競技なんだ」

走ることへの走の情熱は、常に曖昧な情動にも似て、走の心を不安定に揺らがせてい

る。だが清瀬の言葉は、もやもやと暗くたゆたうばかりの走の内面に、なんて鮮やかに

切りこんでくるんだろう。それは胸を一閃し、ながれをうって走を照らす光だ。

---------------------------------

 

どうだ!(笑

どうだ!と叫んでしまいたいぐらい良いフレーズだ。

 

なぜ走っているのか?「強くなりたい」のだ。これはすべてのランナーを導く光のような言葉だ。

 

物語としても練習方法や箱根の細かいディティール、選手の精神状態までこだわりの連続で、非常に面白い。

このブログでは、小説は取り扱うつもりはなかったけど。これは「走る」エントリーとして紹介した。

この夏に参加予定の駅伝が楽しみになってきた。大会前にも必読だ!

 

 

 

ブログ更新6月。3回目!一歩でも前に!

 

 

 

 


follow us in feedly

関連記事

フットサル備忘録181207

ゴラッソ! 初めてみたよスーパーガチ! 代々木フットサルコート20時スタート。 前半戦遅刻気

記事を読む

【review】ブロガーサミット2013 参戦報告 PD04 「ビデオブロガーの今」

最近、個人で参加しているフットサル場にてビデオ撮影(無料)があり、やっぱりビデオの可能性って凄いなぁ

記事を読む

餃子の王将 50周年企画!スタンプラリー結果発表!

 戸越銀座でらーめんを食べたかったら!そりゃ、俺的には「らーめんえにし」ですが、・時間的に

記事を読む

【新大久保駅徒歩1分】極上BBQ串(100円)が至福

 昨年夏から職場が新大久保付近になったファンタカです。 新大久保といえば、韓国街

記事を読む

五反田へそ せんべろ/呑兵衛日記

ドーンスタッ ドーンスタッ って HIFANA? 鎮座ドープネス? どーした? ってんで

記事を読む

no image

書評について

「書評」 なんとも大層な言葉だ。著者の知の結晶たる「書籍」を「評価」する。ここにどーしても上か

記事を読む

NASCO定点観測27本目

安定のNASCO 眠い。 ともかく眠い。 なぜなら、睡眠負債半端ないからだ。 で なら

記事を読む

辛さ肉肉しさ共に残念な、、、カップ麺調査団06

俺氏です。 暑いとね、なりますね、 辛いもの食べたく! 久々のカップ麺調査団です。 6月10

記事を読む

エルドランコ/呑んだくれ通信01 芋煮が繋いだ縁は続く

芋! この芋野郎! 芋くさいんだよ! は? 芋褒め言葉ですけど何か? 芋煮会で酒貰ったらしい

記事を読む

ISO蔵ちょっ蔵珍道中 新JKゴールデン街桜まつり2

 この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係あ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

HELLO! MY NANE IS
fantasistaka


  • 都内在住。
    UberEatsのドライバーにハマってます
    メルカリにもハマってます
    ギグ・エコノミーからの逆襲やってりましょう!
    フットサル。フットボール。
    フリースタイルフットボール
    立ち食い蕎麦、せんべろ、好きです。

    2019年5月令和元年初日。
    まーたやりやがったよ独り独立。
    これで何度目だ自分自身を煽ってそっちも煽ります
    ブログで成功はしなくても成長はしてるぞ!
    エンタテインメント系の広告を主とした会社で
    経営陣かつプレイヤーとして日夜奮闘。
    ブログで広がる世界に興味があり実行中
    Wordpress勉強中です。
    ▶fantasistakaを応援する

ブログ内検索はコチラから

follow us in feedly
東中野の絶品日本料理屋で茨城県の銘酒を楽しむ!丸屋@東中野

俺氏です。   先日は愛する茨城県の酒蔵「磯蔵酒造」さん

クラック日報 へっとへとです。

俺氏です。 怒涛の5連日で新しい業務の研修受けたらやばいクタクタです

クラック日報 世界の社窓から

俺氏です。 本日はクラックの業務の一コマを切り取った写真のご案内です

→もっと見る

  • 【アドベンチャーは立ち止まらない】
    更新チェックにはfeedlyをご利用ください!
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑