*

【トレラン】【review】 芦ノ湖畔と外輪山稜線(実戦編)


忘れないうちに更新したほうが良さそうだな(笑)

ってことで、昨日の興奮と疲れがまだとれてないうちに、実践編の更新。

装備編はコチラ

 

前回の流れで、箱根湯本から登山バスに乗車(3番乗り場)して、「桃源台」に到着した僕。

そこから徒歩で、芦ノ湖キャンプ場を左に、時計と反対周りで、スタート地点の湖尻水門へ。

朝9時30分!ココからトレイルスタート!

asinoko(low)

湖畔の景色もナイス!

と、その前に、トレイルの装備は前回に紹介したけど、それ以外の持ち物ね。

---

・保険証のコピー(怪我した時に必要!)

・現金(3000円ぐらいもった)

・ドリンク500ml×2(僕はULTIMATEのバックについているボトルに移し替えた)

・おにぎり1個(セブンイレブン100円セールのすじこ味)

・ウィダーインゼリー1個(エネルギー味)

・スニッカーズミニ×2個(相変わらず甘い)

・虫よけスプレー(伝統の無比もといムヒ)

・汗拭き用ハンドタオル(鹿島仕様)

・iphone(ランニングアプリ用&コンパス)

・iphone防水ケース

・nikefuelband

以上!

本当はコンパスと地図も必要だったけど。コレは準備してなかった。次回からは購入しよう!

 

---

さぁランに戻る。

jari(low)

湖尻水門から、深良水門までは、道幅も広く、車もギリギリ通れるぐらいの平坦な砂利道。約15分ほど。

「う~ん結構、簡単な遊歩道なのかなぁ」なんて感想は深良水門を超えたまで。

bunki01-1(low)

水門手間に分岐があって、右に上ると、乙女峠と湖尻峠の間にぶつかって外輪山稜線という

トレイルランナーには有名なコースにぶつかる。

 

僕はそのまま湖畔沿いをチョイス。左に見える芦ノ湖をもう少し堪能したかったしね。

しかし、ここからがトレイルの本番。

湖畔沿いとはいえ、木々に遮られたコースは遊歩道とは名ばかり、

一歩足を踏み外したら、湖畔沿いの崖に真っ逆さま。木の根が多かったり、道幅も狭い。

足場が前々日の雨でぬかるんでるのもあり、気が抜けない。

kohann(low)

結構な道だよね??

ただ、アップダウンがほとんどなので、そこは助かった。

慣れてくると、木々からたまに抜けてくる湖畔の景色と、波の音が心地よい。

クライマーも少ないコース(朝だったから?)みたいで、すれ違いゼロで楽しめた。

---

走ること、1時間15分、折り返しの目的地「やすらぎの森」に到着。

nike+のチェックでは、ここまで9.77km. 7min28sesc/km と初めてのトレイルにしてはまずまずのペース。

ここで、やすらぎの森内に「おむすび広場」なる場所を発見、さっそくエイドのおむすびをモシャモシャ。

※のちに、ここは森の広場って名前と気づく(笑)おむすび広場はもうちょっと奥だった。。。

self(low

まだ元気だったので記念撮影!見えない富士方向に向けてポーズ!

 

ここで、体力がやばかったら、道の駅から関所前まで走って海賊船でスタート地点までエスケープってプランも用意していたのだけど、思ったより大丈夫だったので、トレイル続行。

遊歩道の終点から、箱根峠の入り口までの石畳がすぐにあるので、そこへエントリー。

 

道の駅まで登って、すぐヨコの箱根峠入口から、箱根峠〜山伏峠〜湖畔峠を抜けて、深良水門へもどって湖畔沿いにスタート地点を目指すコースを選択。

これが本当に辛かった。。。

ishidatami(low)

まず石畳。足元が滑るので走れない(というか傾斜も急で体力的にもキツイ)

hakone-yamabushi(low)

やっと抜けて、満足&ガッツポーズ!

「俺はやってやったぞー!」(当然、セルフタイマー撮りwww)

hakone(low)

ところが、まだまだツライコースはここから。まず箱根峠。もうね、足とかビチョビチョです。

yamabushi'(low)

さらに進むと、遭難レベル。(ちゃんと標識もあるので迷いはしないです)

コースはこのまま、まっすぐです(笑)

 

そして山伏峠では写真も撮るのを忘れるレベル。(笑)

ともかく急なアップ、アップ&アップ!ひたすら登る登る登る。トレイルなめてました。ええ。

ペースも、14min/kmとガタガタ(ほとんど歩いてる状態)

ここで自分ルール発動「登りは走らない」 を発動させてなんとか乗り越える。

途中にスカイライン沿いの茶屋でドリンクを500ml×2セット補充(助かった)、さらにすれ違ったトレイルランナーと情報交換(彼らは神山から降りてきたルート・・・格が違った)久々に人と話したことでリフレッシュして、なんとか箱根峠〜山伏峠を制覇。

ラスト2km程度の湖畔峠は、ほとんど下り。体力(おもに筋肉が)もギリギリだったので嬉しい。

しかし、iphoneの充電がなくなる事態が発生。励みのFB仲間からの声援も途絶え、孤独な最後の走り。

※声援は本当に嬉しかったなぁ。

ひたすら走り続け(自分のなかではそう感じてた)やっと、乙女峠との分岐に到着。

ここから石畳をくだって、湖畔の遊歩道から湖尻水門へ。

トータル4時間の初トレイルラン終了〜(*´з`)

距離にして約22kmのコースでした。

 

hebi(low)

感想:ヘヴィーでした。。。(写真は蛇イチゴちゃん)

 

桃源台のロープウェイ駅トイレで身なりを整え、登山バスに乗車して箱根湯本へ無事に帰還。

トレイルランニング、4回ぐらい心が折れそうになったけど、終わってみれば楽しかった〜(笑)

 

次回は(一人反省会編)・・・まだ続きますよ!クワッ!!( ゚Д゚)

 

シトシトどころか良いペースだよね?ブログ更新連続2日目。

 

 


follow us in feedly

関連記事

すだちのスーラータン/戸越銀座らーめんえにし 蕎麦超人番外編

もはや! 番外編の定義とは? 蕎麦超人の定義とは? という感じですが。 マイホームフリースタ

記事を読む

zenfone3液晶死す!次なる選択肢は?

フジロックロスで注意力散漫なFTKです。 まぁね、苗場の過酷さ(というかフジロック出店の過

記事を読む

ベタ開4日目1-4

俺たちってまだ続いてるよな? 日付わかっちゃったけど! ベタ開。 日付変わるどころかやらずに寝

記事を読む

【初心者】アイロンビースをキーホルダーに!【裏ピン】

図案を起こしたり、ビーズを並べたりと。 アイロンビーズライフを楽しんでいる@fantasistaka

記事を読む

【review】nikefuelbandの残念なお知らせ

久々の1日に2回連続更新の@fantasistakaです。 1月に参加した勝間和代塾長と立花岳

記事を読む

キングダムマン買ってみた06

 大人。大の人と書いて大人!そう大人買いこそロマン!で、大人といえば大人買いよぉ!&nbs

記事を読む

no image

【review】スマホ時代のタスク管理「超」入門

5月もあっという間に過ぎ去ってしまった。今月が終われば、暦の上では今年はあと半年。 とはいえ、

記事を読む

FES男&えにお番外編 NewAcousticCamp2016@水上

FES男 2回目の更新です。   今回は3年連続参加となった New Acous

記事を読む

フットサル備忘録181130

夜ゴラッソ 21時スタート。 華金にボール蹴ってんだから 華がねぇけどゴールさえ決まるなら

記事を読む

ベタ開定点5日目6日目1-5.1.6

緩やかに続けてます。 ベターと開脚30日チャレンジ。 5日目ジムにて準備運動かねて ベタ開。

記事を読む

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

HELLO! MY NANE IS
fantasistaka


  • 都内在住。
    UberEatsのドライバーにハマってます
    メルカリにもハマってます
    ギグ・エコノミーからの逆襲やってりましょう!
    フットサル。フットボール。
    フリースタイルフットボール
    立ち食い蕎麦、せんべろ、好きです。

    2019年5月令和元年初日。
    まーたやりやがったよ独り独立。
    これで何度目だ自分自身を煽ってそっちも煽ります
    ブログで成功はしなくても成長はしてるぞ!
    エンタテインメント系の広告を主とした会社で
    経営陣かつプレイヤーとして日夜奮闘。
    ブログで広がる世界に興味があり実行中
    Wordpress勉強中です。
    ▶fantasistakaを応援する

ブログ内検索はコチラから

follow us in feedly
クラック日報 世界の社窓から

俺氏です。 本日はクラックの業務の一コマを切り取った写真のご案内です

ちょっと凄い缶詰

俺氏です。 俺たちのまいばすけっとで ちょっと凄い缶詰を発見した話

クラック日報 とある社食から

俺氏です。 5月末に掲げた目標の仕事に取り掛かってます。 ブログで

→もっと見る

  • 【アドベンチャーは立ち止まらない】
    更新チェックにはfeedlyをご利用ください!
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑